転倒2007年10月13日 01時35分12秒

アラクネーで戦っていると、ジャンプの登り際にカノンやミサイルを食らって 転がるシーンをよく見る。また、敵バジリスクの近くで転ぶとそのまま前進カ ノンを食らい続けて死ぬまでコロコロ転がり続けるシーンもよく見ることにな る。というか、見飽きた。余りにも景気良く転がるので、何か理不尽なものを 感じないでもない。そこで、ちょっと調べてみた。

まずはジャンプ編。色々な機種で調べてみたところ、以下のことが判った。

  • ジャンプ中に安定度を超えるダメージを受けると、どこに当たっても大ダメー ジ状態になる。
  • ジャンプ中に安定度以下のダメージが弱点に当たっても、小ダメージ状態のまま。
  • 長距離格闘でIN AIR状態になっているときも同様に、 安定度を超えるダメージを受けると大ダメージ状態になる。
  • 伏せ中に足が滑ってIN AIR状態になっているときも同様に、 安定度を超えるダメージを受けると大ダメージ状態になる。 ただし、この場合、伏せ効果の安定度2倍の恩恵は有効。

よく、アラクネーのつま先が弱点だと言われてきたが、なんのことはない、空 中で安定度を超えるダメージを受ければどこに当たっても転ぶというわけだ。

・・・また一つ、脚付きの不遇な仕様が明らかにされた。感覚的には判ってい たことだが、改めて明らかになってしまうとがっかりの上乗せだ。(;_;)

次は転倒編。二脚、多脚、ホバー、車両のそれぞれで調べてみたところ、大ダ メージ状態のときに攻撃を受けると、ダメージが安定度との大小に関わらず、 大ダメージ状態の時間が延長されることが判った。

延長時間とダメージの相関関係は調べていないため、大ダメージほど延長時間 が長いかもしれないが、少なくともビーム連打だけでもうまく位置取りすれば 死ぬまで大ダメージ状態を維持することは可能だった。

これは全機種共通に起きることではあるが、大ダメージ状態になりやすい軽量 機体ほど深刻な問題だろう。やはりホバーは辛い・・・。

起き上がり状態や小ダメージ状態の時は、延長は無かった。